白髪を抜いているうちはまだ若い証拠!?

30代を過ぎると殆どの人は少しずつ白髪が

混じってくるものですが、よく子供に

「白髪を抜いて」と頼んだりする人がいますよね。

 

 

白髪を抜くというのはそれこそ白髪が少

ないからこそできるのであって、白髪が増えると

抜くのもためらうようになるものです。

 

 

私は現在かなり白髪が多く、

染めないと生え際が真っ白です。

 

 

まだ40代なのにここまで白い人は知人にも

あまり見かけず、ただみんなしっかり染めているだけと

思うことにして平静を保っています。

 

 

そして思い出したのは自分が白髪が

出始めたときのことです。

 

 

私は人よりも白髪になるのが早かったため、

20代の後半にはもう目立つ白髪があちこちに

見え始めたため当時はよく白髪を抜いていました。

 

 

ですが今になって思うのですが、抜くくらい

余裕があったなんてあの頃は若かったなあと。

 

 

現在40代の私の弟は毛髪の量は少ないですが、

白髪の量は当時20代だった私よりも少ないです。

 

 

白髪がないのは羨ましいのですが、薄くなった

弟の髪を見て白髪のほうがまだ良かったのかな?と

不憫にも思ってしまうのでした。

 

 

白髪を嫌うのは賢明ではないから

年をとれば絶対に白髪が生えてくるんだから

白髪を嫌っても仕方が無いと考えています。

 

 

 

白髪を嫌ったところでなんとかなるわけじゃないし、

白髪も身体の老化現象のひとつなんだから

うまくつき合っていくのが賢明だと考えています。

 

 

 

だからあまり白髪に意識を向けないように、

肌をきれいに見せることなどにチカラを

入れているのです。

 

 

 

もちろん白髪はカラートリートメントで

ほんのりとカラーリングしていますよ。

 

 

 

カラートリートメントという製品は染めるのとは

違い髪の表面に色をつけるだけの製品です。

 

 

 

要するに美容院のメニューの中にある

ヘアマニキュアのことをカラートリートメントと

言っているだけのこと。

 

 

 

何も違いは無くヘアマニキュアのことなんです。

 

 

 

これだと髪を染めないので化学物質は

髪の表面にとどまるだけ。

 

 

 

髪の内部には化学物質が入ってこないので

髪が傷む心配はありません。

 

 

 

それどころか髪の表面に膜を張るので

手触りが良くなる効果があるので便利です。

 

 

白髪って頭だけではなくて身体中も?

これ、もしかしたらわりとよくある

疑問かもしれませんが、白髪というものは

頭に生えてくるものだけなのでしょうか。

 

 

それとも身体中に生えているムダ毛も

同じ現象に陥るのでしょうか。

 

 

 

私はまだ白髪が増える40代とは程遠いのですが、

それでも頭には何本か白髪が定期的に

見つかったりします。

 

 

 

そのたび焦るのですが、まあそこまで

珍しい現象ではないと思うのでそこまで

気にしないようにしています。

 

 

 

茶髪に染めたら分からなくなるのでしょうけど、

黒髪の私はあまり染める気にはなれません。

 

 

 

今のところ手足やデリケートゾーンに

生えている毛は黒いものばかりだと

思います。

 

 

 

腕に生える毛は生え始めのときなど、

すこし透明っぽい色のものもあったりしますけどね。

 

 

 

白髪なのかはよく分かりません。

 

 

 

デリケートゾーンの白髪って、見たことも

聞いたこともないのですが、人とは

話題にしにくいものですよね。

 

 

 

このまま年齢を重ねて行ったらいずれは

デリケートゾーンの毛も白くなって行くのか、

それは自分で知って行くしかないのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です